【情報】 ジャパンオープン【男子シングルス】吉村真晴らが本戦へ。張本は敗れる

227949.jpg 男子シングルスは予選トーナメント3回戦が終了し、本戦出場者が決定。 吉村真晴選手を初め、吉村和弘選手、龍崎東寅選手、吉田雅己選手、上田仁選手が 決勝トーナメント進出を決めました。一方、活躍が期待されていた張本智和選手は 3回戦、中国の梁靖崑選手と対戦。梁靖崑選手は予選から出場の選手ではありますが、 中国国内で行われた世界卓球代表選考会では樊振東選手、許昕選手を破るなど 中国期待の若手として注目を集める選手。そんな中国期待の若手に挑むこととなった張本選手、 第2ゲームで競り合いを見せ、第3ゲームを奪取するなど健闘しましたが1-4で敗退。 中国選手に決勝トーナメント進出を阻まれるという悔しい結果となりました。

龍崎東寅(明治大) 6,8,10,4 江宏傑(台湾)
吉田雅己(協和発酵キリン) 8,-7,9,9,10 田添健汰(専修大)
吉村和弘(愛知工業大) 13,10,7,-10,-1,9 ニュイティンク(ベルギー)
上田仁(協和発酵キリン) 8,-5,5,12,-5,7 平野友樹(協和発酵キリン)
吉村真晴(名古屋ダイハツ) 7,13,-9,5,-7,7 ワン(カナダ)
梁靖崑(中国) 2,11,-14,6,8 張本智和(JOCエリートアカデミー)
林鐘勲(韓国) 8,-5,8,7,9 村松雄斗(東京アート)
バルザー(ドイツ) 9,9,9,-5,6 森薗政崇(明治大)
227948.jpg
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply