【情報】 ライオンジャパンオープン最終日 【男子シングルス】水谷は樊振東に迫るも一歩及ばず

227975.jpg 男子シングルス準決勝第2試合は水谷選手(日本)が世界ランキング2位の樊振東選手(中国)と対戦。樊振東選手から1ゲームを奪うなど迫る場面もありましたが、一歩及ばず決勝進出とはなりませんでした。

水谷選手のコメント
「3回目の対戦でしたが、今回の対戦が一番手応えがあった試合でした。ただ、チャンスがあっただけに逃してしまったという形だと思います。 序盤は相手が特に厳しいプレーをしてきたわけではないのですが、サービス・レシーブで後手に回ってしまうケースが多くてゲームを連取されてしまいました。 第4、第5ゲームはサービスから3球目、レシーブから4球目で積極的にプレーできたときは得点につながっていたので、そこはこれからも継続していきたいと思います。また、樊振東選手のチキータに対して自分がカウンターで点数を取れたことは自信になりました。 第5ゲームは5-3のリードしたところから相手が初めて逆横回転サービスを使ってきてそこから失点が続いてしまいました。そのあたりのサービスの変更など、戦術転換が樊振東選手のうまさだと感じました。 今大会を通してまだまだ強くなれるという手応えを得たので、もっと上を目指して戦っていきたいです」

<男子シングルス準決勝>
樊振東(中国) 7,6,10,-9,8 水谷(日本)
227974.jpg
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply