卓球動画 卓球大会 卓球ニュース|卓球丼

全記事12000個突破♪♪ 卓球動画は7300動画以上!! 卓球ニュースは4200記事以上! 2016年にスマートフォン画面をリニューアル♪♪ 無料動画YouTubeから卓球のスーパープレー集・試合動画・中国技術動画、特にカットマン動画と、日本卓球選手の動画を数多く紹介。詳細なカテゴリ検索が可能!卓球女子選手の人気投票など企画満載。

 
スポンサー広告 & 最新記事

【卓球】 松平健太 VS オフチャロフ ブルガリアオープン &dateformat
【卓球】 石川佳純/伊藤美誠 VS エクホルム/ポータ ブルガリアオープン &dateformat
【卓球】 石川佳純 VS 伊藤美誠 ブルガリアオープン &dateformat
【大会】 10/25(水)第77回卓球丼レディース ペアマッチ大会 &dateformat
【大会】 10/17(火)第76回卓球丼レディース ペアマッチ大会  &dateformat
【情報】 ★神巧也ブログ★ ずっと雨ですね。雨は嫌いではありません。だって、、、 &dateformat

 

【技術】 絶対入る最強レシーブのコツ!はじめちゃんに教えてみた。【卓球知恵袋】

228367.jpg 6/2 公開 絶対入る最強レシーブのコツ!はじめちゃんに教えてみた。【卓球知恵袋】 ・高画質・ハイライト・約17分間の動画となります。 WRMさんの動画をご紹介します! ぐっちぃさんがはじめちゃんに技術を教える“はじめちゃんに教えてみた”シリーズ、最強レシーブ編です! 実際の指導シーンなので分かりやすい! まだ見ていない方は是非! 以下、WRMさんの動画コメントです。

WRMのぐっちぃです。
今日は、レシーブミスが多くて安定しない方に、ミスなく威力を増大させる新企画!効果的なレシーブを3つはじめちゃんに伝授させました!!

一つ目のレシーブは、相手のサーブが横上でも下回転でもそれがナックルでもまったく同じように面を出してみてください。うまくいきます。
みんなのツッツキレシーブが入る確率がその場で一気に向上したレシーブ最強上達法を紹介します!100%レシーブを入れる方法です。
なんとなくやっていたツッツキレシーブですが、この3つをしっかり使い分けることにより、ツッツキレシーブが非常に上達する。ツッツキが切れなくても、しっかり100%返球できる感動を味わってもらいました。3つの技は、今の自分のかける感覚に合わせながら最高の100%レシーブがフォアもバックも返球できるという最強のレシーブ方法です。

表ソフトや粒高選手でも同じように効果を出すことができます。
相手のショートサーブのすべての回転に絶大な効果を発揮します。
シンプルにこの3つのツッツキレシーブの考えが非常に簡単で実践しやすく、誰でもすぐ必ず絶対レシーブが入りつつ質が高いものを覚えることができます。


228366.jpg
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事
テーマ : 卓球    ジャンル : スポーツ

Comments



 

 
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

Search
パートナー広告
卓球丼企画/特集
水谷隼VS張本智和(2回戦☆大番狂)世界卓球2017 東京選手権2017(30代の部)※ベスト16 世界卓球代表選考会2017 卓球丼カップ詳細ページ グランドファイナル2016
卓球丼YouTube出演
卓球丼・出演動画のご紹介
水谷隼カレー
総合アクセスランキング
卓球丼Facebook
卓球丼 SNS
卓球丼Facebook
facebook
卓球丼twitter
twitter
 
卓球丼メニュー
動画メニュー 大会メニュー 情報メニュー 主催メニュー ランキング お問い合わせ

【動画高画質】 男子動画(高画質) 女子動画(高画質)
【男子戦型別】 男子シェーク 男子ペンホルダー 男子サウスポー 男子カットマン 男子ダブルス
【女子戦型別】 女子シェーク 女子ペンホルダー 女子サウスポー 女子カットマン 女子ダブルス
【卓球丼メニュー】 フェイスブック 企画記事の一覧 世界ランキング 視聴ランキング 卓球アンケート 卓球最安値検索 卓球丼リンク集 卓球丼更新情報 卓球丼お問合せ

【動画検索】 男子の動画検索 戦型別動画検索 企画記事の一覧 過去の大会一覧
【動画ランキング】 週間アクセスランキング 月間アクセスランキング 男子アクセスランキング 女子アクセスランキング 技術アクセスランキング