【情報】 郡山インターハイ5日目⑥ 女子学校対抗は四天王寺が王座を守り、5連覇を飾る

228431.jpg 第86回全国高等学校卓球選手権大会(郡山インターハイ)、学校対抗の結果が発表されました。 女子の決勝は高校女子卓球界の絶対王者・四天王寺とそれを追う明徳義塾という昨年と同じカードとなりました。 昨年はストレートで四天王寺に敗退となった明徳義塾ですが、昨年の決勝のトップでも出場した三村選手が 今年も1番で登場、全中王者の塩見選手を思い切りの良いプレーで破り先制点を奪います。 しかし、四天王寺も2番でキャプテンの木村選手が出場、3対1で勝利し悪い流れを断ち切りました。 ダブルスでも四天王寺ペアがプレーの引き出しの多さを見せ勝利すると、4番カット主戦型の大川選手が 最後まで変化を付けたカットで勝利。四天王寺が女子学校対抗の王座を守り抜きました。 郡山インターハイの結果は男女シングルスの結果も出ているのですが、そちらは明日お伝えします。
228430.jpg
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply