【大会】 7/9(火)第127回卓球丼レディース 3W団体戦(蕨)

卓球丼レディース主催大会

第127回卓球丼レディース 3W団体戦

開催日/2019/07/09(火曜日)
受付開始/9時00分~開場&受付開始
開始時間/9時30分~開会式→試合開始
終了時間/17時00分に終了予定
申込締切日/2019/07/04(木曜日)

会場名/蕨市民体育館
会場所在地/蕨市北町1-27-15
会場連絡先/ 048-432-2611
会場アクセス/徒歩/蕨駅から約15分(1Km強)
会場アクセス/バス/蕨市コミ二ティバス「ぷらっとわらび」又は国際興業バス利用「西ルート廻り」/西口専用乗り場発「市民体育館」停留所(駅から5つ目)乗車時間約5分 徒歩0分
※バスに関しては各自でチェックをお願い致します。

試合種目/女子スリーダブルス団体戦(ランク別・リーグ戦)
試合方式/6チームのリーグ戦(セット数計算)
入賞数/上位2チームが入賞(賞品があります)
試合数/3名参加の場合1人10試合、4名参加の場合1人8試合
対象レベル/Aランク~Cランクまで選択可能
参加資格/オープン大会(レディースの方のみ)
参加費用/1チーム4000円(3~4人で1チーム)
申込方法お問合フォームよりご連絡下さい。

使用球/40mmプラボール「銀河プラボール」使用(日本卓球協会公認)
福引/あり(必ず全員1回は福引可能)※リピーターの方は券持参

詳細
★7月9日(火)3W団体戦(蕨)★
★☆★7周年記念大会あみだくじ★☆★
7周年記念大会あみだくじが決定!入賞できなかった皆様で高確率のあみだくじ☆2分の1の確率で当たる嬉しい大会ですよ!!

蕨で大人気の卓球丼レディース蕨3W団体戦
1チーム3人~4人編成で 6チームのリーグ戦をします。
全てダブルスの試合となりまして 必ず3番まで試合しますので 平均全員が8試合以上できます。
土日の試合のように何時間も待って たった2試合・3試合ということは ありません!!たっぷり試合を 楽しんで頂けます(*^^*)
9時30分から開会式ですが 早いリーグだと15時30分には 終了するので早めに帰れます(^^) 主婦の方には嬉しい時間です。
6チーム中、2位までが入賞なので トーナメントと違って入賞の可能性 はとても高い試合です!!

●独特のセット数計算で   『自滅型』からの脱却を!!-----------
卓球丼レディースの『こだわり』 それは独特のセット数計算でした。
勝ったセット数から 取られたセット数を引く事。 この計算方法で順位が出ます。
「勝ったセット数だけでいいじゃない!」
「取られたセット数って意味あるの?」
・・・
・・・
はい!!実は、 もの凄く意味がある事なんです!!
取られたセット数が 順位に関係してくるって事は、 負けても1セットでも多く取る意識が 最後の順位に大きく関係してくるって事。
そうです(^^) 強い選手と対戦しても 粘って粘って1セットでも 多く取ろう!絶対諦めないぞ!!
この「何とか粘ろう!」という気持が 自分の自滅(凡ミス)を無くしてくれて 自分でラリーをする能力を鍛えてくれる 今レディース選手に一番必要な意識です。
レディース選手(特にCランク以下の方)は 失礼ですがほとんどが『自滅型』です!! 勝ちたいのに、実際の試合では 簡単に点を差し上げている状態。
それでは勝てる試合も 勝てません!!!
卓球丼レディースでは この意識を課題としてもらう 独特のセット数計算システムで 今年みなさんを強くしていきます!!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◆卓球丼シャツを着ると福引一回
2019年もリピーターの皆様に多く特典をつける企画をたくさん考えています。(*^^*)その1つとして卓球丼シャツ(丸い卓球どんのマークが左胸にあるシャツ)を試合の時に着ていると、福引が1回無料!!丼マークのシャツを試合で着て貰えると私も嬉しいのですよ全試合で適用されますので、リピーターの方で卓球丼シャツを持っている方は、忘れずに試合で着て下さいね!※WRMのシャツは適用されませんので予めご了承下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◆◆・お友達に教えてあげて・◆◆

初回の方限定!ソックスプレゼント!
卓球丼レディースという大会に初めて 参加されるお客様に朗報です(^^)初回 の方限定として『必ず』ソックスを プレゼントさせて頂きます(*^^*)!!
しかも珍しく柄や色が選べちゃう!!
皆様のお友達に教えてあげて下さい!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply