【情報】 男女ダブルスベスト4出揃う 宮本/田原は昨年王者ペア撃破<卓球・全日学2019>

2449030.jpg
25日、全日本大学総合卓球選手権大会が開幕。男女ダブルス準々決勝が終了し、ベスト4が出揃いました。 男子ダブルスは、愛知工業大学の宮本春樹選手/田原彰悟選手ペアが、昨年優勝ペアの早稲田大  硴塚将人選手/緒方遼太郎選手ペアに3-1で勝利しベスト4入り。同じく愛知工業大学の 木造勇人選手/田中佑汰選手ペアも日本体育大の内村秀平選手/内村英司選手ペアを下しベスト4入りを 果たしており、準決勝では両ペアの対戦が行われるそうです。 また、明治大の龍崎東寅選手/沼村斉弥選手ペア、中央大の浅津碧利選手/小野寺翔平選手ペアが 同じく準決勝に進出しています。女子ダブルスでは、第1、第3、第4シードが敗れる波乱の中、 第2シードの熊中理子選手/三條裕紀選手ペアが順当にベスト4に進出。 また、一昨年、昨年と安藤みなみ選手と組み優勝している枝松亜実選手と木村香純選手ペア、 関東学生秋季リーグで最優秀ペア賞を獲得した鎌田那美選手/金子碧衣選手ペア、 淑徳大の松澤帆乃果選手/竹本朋世選手ペアがベスト4入りを果たしています。 詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply