【情報】 2020年全日本卓球 ジュニア男子は、谷垣、篠塚、松島らが4回戦へ

2449569.jpg
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13日に開幕。 大会二日目となる14日、ジュニア男子3回戦が行われ、スーパーシード勢が続々登場しました。 第1シードの愛工大名電高 谷垣佑真選手は浜松修学舎高の勝又優哉選手にストレートで勝利し、4回戦へ。 同じく愛工大名電高で昨年のインターハイ2位の篠塚大登選手も東京学館浦安高の東山莉久選手を 寄せ付けずに快勝で次戦に駒を進めました。昨年ベスト8入りを果たした注目の松島輝空選手は 打球点の早い両ハンド攻撃で弘前実業高の小山内颯汰選手に快勝し4回戦進出を決めています。 詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply