【情報】 2020年全日本卓球 ジュニア男子は第1シードの谷垣、注目の松島らがベスト8へ

2449572.jpg
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13日に開幕。 大会3日目にはジュニア男子のベスト8が決定。谷垣佑真選手、横谷晟選手、曽根翔選手とシード勢が順当に勝ち残る一方、 昨年のインターハイ2位の愛工大名電高 篠塚大登選手を愛工大名電中の後輩 吉山僚一選手がストレートで破り ベスト8入り。注目の小学6年生 松島輝空選手は愛工大名電高 小林広夢選手に勝利し昨年に続くベスト8入り。 準々決勝では曽根翔選手との対戦が決まっています。 また、ベスト8に第1シードの谷垣選手を筆頭に愛工大名電高の選手が3選手、篠塚選手を破った吉山選手も通う 愛工大名電中の選手が2選手と愛工大名電勢の強さが目立つ結果となっています。 詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply