【情報】 中学3年吉山がスーパー小学生松島下しジュニア王者

2449576.jpg
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)が1月13日に開幕。 大会4日目にはジュニア男子の決勝までが終了。決勝には愛工大名電高の篠塚大登選手や 明徳義塾の手塚崚馬選手との対戦を制した愛工大名電中3年の吉山僚一選手、愛工大名電高の 曽根翔選手、横谷晟選手を制した小学6年生 松島輝空選手が進出。 決勝では第1ゲームを松島選手が奪うものの第2ゲーム以降はナックルサーブを有効に使って 主導権を握った吉山選手が勝利。「高校生も出る大会で中学生で勝てたのは本当にうれしい」と 満面の笑みを見せたそうです。 詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply