【情報】 12月末まで無観客開催の方針 クラウドファンディングでのドリームマッチ構想も

2451394.jpg
26日、卓球Tリーグの松下浩二チェアマンがオンラインでの囲み取材に応じ、 11月開幕予定のTリーグサードシーズンについて「12月末までは無観客を前提に準備を 進める方針である」と語ったそうです。年内いっぱいは無観客開催の方針で、 「5G時代の配信・放送を通じて、より多くのお客様に楽しんで頂ける映像をお届けできないか」と 施策を検討していることも明らかとなっています。 また、現在Tリーグでは日本卓球協会と連携しながらコロナウイルス感染対策のガイドラインを作成中であり、 Tリーグでのダブルスマッチの有無などについても協議中とのこと。 一方、難局が予想されるリーグ・チームの財政面に関しては、打開策の一案として11月のシーズン開幕前に クラウドファンディング方式でのドリームマッチ開催が構想としてあがっているそうです。 詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply