【情報】 世界選手権銅・古川ら3選手、知的障がいクラス11のパラ五輪卓球日本代表に内定

2451617.jpg
一般社団法人日本知的障がい者卓球連盟は、男子クラス11・竹守彪選手、浅野俊選手、 女子クラス11・古川佳奈美選手の3名を、東京パラ五輪日本代表推薦選手として承認したことを発表しました。 現在26歳の竹守選手は、リオデジャネイロパラ五輪代表の経験を持つ実力者。また、浅野選手は18歳ながら ITTFアジアパラチャンピオンシップ2019・クラス11で優勝を飾った実績があります。 なお、浅野選手はITTFの定めるクラス分けテスト開催大会(12月開催のITTF PTT コスタリカオープン2020にて、 出場並びにクラス分け実施予定)への出場並びにテスト受講が条件とされているとのこと。 一方、女子の古川選手は、2018年世界選手権銅メダリスト。 今回発表されたパラ五輪日本代表内定唯一の女子選手となります。詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply