【情報】 欧州卓球連盟“殿堂入り”ボロス氏、東京五輪後にドイツ女子監督就任へ

2451620.jpg
東京五輪後、卓球ドイツ女子代表監督に世界選手権銅メダリストのタマラ・ボロス氏が就任することを 国際卓球連盟(ITTF)が報じたそうです。現在、ドイツ女子チームを率いているジエ・ショップ氏は、 カデット年代の女子チームの監督に就任するとのこと。ボロス氏は、2003年の世界選手権パリ大会女子シングルスで 銅メダルを獲得。現状、ヨーロッパ圏で世界卓球4強入りした最後の女子選手となっており、 ヨーロッパ卓球連盟の殿堂入りを果たしています。また、2018年10月には、卓球を専門とするスポーツコーチングの 修士号を取得するなど、経験、知識、資格を持ち合わせているとのこと。 詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply