【情報】 国際卓球連盟、新大会WTT理事にカタール卓球協会会長の就任を発表

2451651.jpg
国際卓球連盟(ITTF)は6日、ITTF副会長であり、カタール卓球協会会長のハリル・アルモハンナディ氏が、 WTT理事に就任したことを発表しました。ハリル・アルモハンナディ氏は、ITTFの副会長として2018年の ITTF戦略計画策定やガバナンスの進展など、ITTFの発展に貢献。またカタール卓球協会会長としては、 中東地域における卓球の知名度を高めることにも成功。 毎年開催されるワールドツアープラチナ・カタールオープンでは最高額の賞金を提供し、 世界のトッププレーヤーがこぞって参加する大会となりました。 WTT(World Table Tennis)とは、ITTFが今春明かした「卓球の商業化」を前面に押し出した新たな大会構想。 WTT評議会のチェアマン(議長)には中国卓球協会会長・劉国梁氏の就任が既に発表されています。 詳しくはリンク先をご覧ください。
卓球丼の男子動画の一覧を表示させる
卓球丼の女子動画の一覧を表示させる
卓球丼の技術動画の一覧を表示させる
ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
関連記事

Comments 0

Leave a reply